残念なことに美しさは外面にも小物、財布も重要

美しさの探求は突き詰めれば突き詰めればほど伏魔殿。
やればやるほど深みにハマることも無きにしもあらず。
ただ単純にかんがえれば簡単、規則正しい生活と適度で健康的な食事、そして恋ではないでしょうか。

簡単だからこそ奥が深いそれがキレイになることです。
そんな美しさというのは内面も重要ですが外面も同時に重要です。
服装やメイクも当然ですが、本当に美しいと思われるのであれば小物もこだわるのが重要ではないでしょうか。

特に普段から使用される財布、実は同性にも異性にもさり気なく見られるアイテムで、その使い方で見た目が判断されるとかされないとか。
私もいま財布を当然使用していますが、いかんせんボロい…。これでは美しさとはかけ離れています。かいかればいいのですが…あぁ誰かプレゼントに財布をくれないかと常日頃思っています。

財布って意外と買うのを後回しにしませんか?
私の場合結構服とか化粧買ってとかすると結局買わずじまいです。
プレゼントされると私は嬉しいアイテムは財布だったりします。

見た目の美しさを変えるならウィッグはいいね

内的な美容は、食生活や化粧品などのケアによって変わるものですが、すぐに変化を臨みたいという方も多いのではないでしょうか。変身シリーズで生まれ変わるような妄想は一度はしたことがあると思います。そんな自分を一瞬でキレイにする方法にウィッグがあります。ウィッグは今までの髪型やカラーがいっきに変わるのでイメージチェンジとしては最適です。見た目がよくなると、お化粧や肌ケアとかもっと頑張らなくちゃと向上心もアップします。最近自分に飽きてきたらウィッグ衝動買いしてしまうことがあります。でも悪くありませんよ。

参考サイト:知って納得正しいウィッグの使い方ガイド

仕事のアイテムも一流にすると美しくなる

これは感性の問題で、いわゆる精神論、もっと暴論でいえば根性論みたいなものですが、一流のものを身につけることは美に関しても重要といわれています。身が引き締まる思いということです。一流の人は一流だからいいモノを身につけているのではなく一流のものを身につけているから一流になれるということです。よく金持ちの真似をしろ箔をつけろといわれますがそういう状況に身を任せることによってそのステータスまで底上げするという荒療治です。私のこれにあやかい一流の人で話題のビジネスバッグ人気を購入しました。確かに気概が変わる感じがしますね。

目を大きく見せたい【ナチュラルに】

そんな人も多いかと思います。日本人は結構目の大きさというのは2パターンに分かれていて縄文系と弥生系と分かれています。縄文系は目が大きいです。弥生系や小さい目ですね。目というものは女性のファッションでいうとレディース財布くらい結構みられる場所で大きくしたいと考えるのは当然です。それで目を自然に大きく見せる方法として。

艶のあるロングマスカラ+扇状にビューラーで上げる。下睫毛もしっかり伸ばす

アイシャドウは色味じゃなく、マットとパールを使い分けて陰影つける

フェイスシャドウで顔を小さく見せて、小鼻に見せて、鼻筋通す

前髪は目と眉毛の間で全下ろし(分けない)

アイライナーはペンシルでブラウン

という方法が王道です。あまりにも駄目ならカラコンなども検討されるとよいと思います。